ガジェット

『Amazfit GTR』 vs 『Amazfit GTR Lite』スペック比較

『Amazfit GTR』シリーズのスペック比較

Xiaomiから発売されているスマートウォッチ『Amazfit GTR』シリーズの比較をしたいと思います。


まず、スペック比較表は下記のとおりです。


モデルAmazfit GTR LiteAmazfit GTR 47mmAmazfit GTR 42mm
スクリーンAMOLEDAMOLEDAMOLED
スクリーン素材ゴリラ強化ガラス+
AFコーティングフィルム
ゴリラ強化ガラス+
AFコーティングフィルム
ゴリラ強化ガラス+
AFコーティングフィルム
スクリーンサイズ1.39インチ1.39インチ1.2インチ
スクリーン解像度454 x 454 pix454 x 454 pix390 x 390 pix
RAM16MB16MB16MB
ROM40MB40MB40MB
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
防水/耐水5ATM5ATM5ATM
バッテリー410mAh410mAh195mAh
使用可能時間通常使用:24日通常使用:24日通常使用:12日
充電時間2時間1.5~2時間1時間
スポーツ8種類12種類12種類
センサーPPG光学心拍センサー
6軸加速度センサー
3軸地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
静電容量センサー
PPG光学心拍センサー
6軸加速度センサー
3軸地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
静電容量センサー
PPG光学心拍センサー
6軸加速度センサー
3軸地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
静電容量センサー
測位なしGPS+GLONASSGPS+GLONASS
サイズ47.2 x 47.2 x 10.8 mm47.2 x 47.2 x 10.75 mm42.6 x 42.6 x 9.2 mm
バンド幅22mm22mm20mm
重量36g64g25.5g
対応OS(スマホ)Android 5.0以降
iOS 10.0以降
Android 5.0以降
iOS 10.0以降
Android 5.0以降
iOS 10.0以降

(Amazfit公式HPより引用)


3種類あるけど何が違うの?

まず、『Amazfit GTR 47mm』をベースグレードと考えた場合には、『Amazfit GTR Lite』は廉価モデル、『Amazfit GTR 42mm』は小型モデルと言えます。

『Amazfit GTR 47mm』との機能面での違いとしては『Amazfit GTR Lite』はGPSが非搭載のためスポーツモードもGPSを使用しないモードのみの選択となります。GPS非搭載のため重量は36gと非常に軽くなっています。


また、こちらの比較動画にもありますが、『Amazfit GTR 47mm』との動作比較で画面遷移がLiteの方が遅いことがわかります。スペック上は出ていませんがCPUのスペックに違いがあるのかもしれません。

(Gearbest公式HPより引用)

『Amazfit GTR 42mm』はサイズが42mmに小さくなっているため、他のモデルよりも軽く手に馴染みやすいサイズ感となっています。しかし、バッテーリも小さくなっており使用可能時間が12時間と半分になっているという欠点もあります。

結局どのモデルがいいの?

それぞれのモデルの特徴から、それぞれ下表のような方に向いていると思います。

『Amazfit GTR Lite』 初めてスマートウォッチを購入する方
格安のスマートウォッチを探している方
あまりスポーツはしないという方
『Amazfit GTR 47mm』 より高級感のあるデザインが良い方
スポーツでスマートウォッチをフル活用したい方
『Amazfit GTR 42mm』 腕が細い方、女性
とにかく軽い方が良いという方


まとめ

今回はAmazfit GTR シリーズをそれぞれ比較し、その特徴をご説明しました。


それぞれのモデルで良いポイントが異なるので全て欲しくなってしまいますね♪


私はAmazfit GTR Liteを購入して使用しています。安いけど必要十分の機能でコスパ最強と感じています。


詳細についてはこちらのレビュー記事をご覧ください♪



Gearbest はこちら

Gearbest はこちら

Gearbest はこちら

Amazon はこちら

Amazon はこちら

(Amazfit公式HPより引用)



Copyright© ikefam blog , 2020 All Rights Reserved.