投資

【初心者向け】NISA・つみたてNISAを50代から始めるのは手遅れ?【そんなことありません!】

銀行預金では資産が増えない時代になり、老後の資産形成のためにNISA・つみたてNISAを活用した投資による資産運用が国から推奨されています。


この国が推奨するNISA・つみたてNISAは長期で運用していくことで比較的安全に資産を増やすことができると言われていますが、50代以上の方は『長期といっても老後までそれほど時間がない!』と感じてしまいますよね。


そこで、今回は50代の方がこれから投資を始めるのは手遅れなのかということについて、NISA・つみたてNISAの特徴をふまえて説明していこうと思います♪


結論としては、50代の方でも遅くありませんが、運用面で注意が必要です!詳細については読み進めてみてくださいね♪

50代の方々の投資状況から考える!

まず、自分と同じ50代の方々がどれぐらいNISA・つみたてNISAをやっているのかって気になりますよね。こちらは金融庁で公開されているNISA・つみたてNISAの年代別の口座数です。(2019年9月時点)


NISA・つみたてNISAの口座保有数は60代がピークとなっており、20代、30代の若い方々よりも、40代、50代、60代の方々の方がNISA・つみたてNISAを活用していることがわかります


これは、20代、30代と比べて40代以上の方々の方が金融投資に対する知識があること、また、投資にまわす資産にも余裕があるためだと考えられます。


このように、50代の方々がNISA・つみたてNISAをやっているという事実を確認できると検討してみても良いかなという気になってきますよね!

NISA・つみたてNISAの特徴から考える!

つぎに、NISA・つみたてNISAの特徴から50代の方々にこれらの制度がマッチするのかを考えます。


NISAとは、年間120万円までの投資をして得た利益に対しての税金(約20%)を5年間にわたって免除する仕組みです。また、つみたてNISAは、年間40万円までの投資をして得た利益に対しての税金(約20%)を20年にわたって免除する仕組みです。


NISA・つみたてNISAは、それぞれ投資できる金額と期間、取り扱う金融商品に違いがあります。詳細はこちらの記事を読んでみてください。

【初心者向け】NISA・つみたてNISAどっちがいいの?【投資は株価が暴落している今始めよう!】

老後2000万円問題などがニュースで取り上げられてから NISA、つみたてNISA、iDeCoなど個人で資産を増やす方法について、あらためて注目があつまっています。この記事を読んでいただいている皆さん ...

続きを見る

このように『NISA』と『つみたてNISA』では、税金が免除される期間と投資可能な金額に差があります。


この記事を読んでいらっしゃる方は、50代以上で老後資金を増やすことを目的にされていると思いますので、60〜65歳ぐらいまでの資産運用を検討されているかと思います。


そのため、積み立てた資産を使い始めるまでの期間の長さ、目的によって『NISA』、『つみたてNISA』を選ぶことが必要かと思います。

積み立てた資産を使用するまで『5年を切っている方』

ポイント

  • 老後資金の余剰分(資金)を『NISA』、『つみたてNISA』に投資する
  • NISA・つみたてNISAの選択は資金、投資したい金融商品、投資期間から選択する
  • 余剰資金がない場合は投資しない

積み立てた資産を使用するまで『5年を切っている方』については、老後資金として積み立ててきた資産に余剰分(老後資金+αの部分)がある場合には投資を行って良いと思います。


では、余剰分を資金としてNISA・つみたてNISAどちらの制度を使うかですが、これは資金の金額と投資したい金融商品、投資期間によって変わってきます。


まず、年間40万円以上投資したい場合には『NISA』の選択となります。年間40万円以下の場合には『NISA・つみたてNISA』どちらでも選択可能です。


次に金融商品ですが、個別株などで投資をしたい場合は『NISA』の選択となります。また、投資信託で良い場合は『NISA・つみたてNISA』どちらでも選択可能です。


投資期間ですが、残念ながらNISAは2023年に制度が終了する予定となっています。そのため2020年からスタートすると3年間しかこの制度を活用できません。(2023年に投資した分は5年間の運用で税金がかかりません。)


3年間で良いという方は『NISA・つみたてNISA』どちらでも選択できますし、3年以上投資していきたいという方は『つみたてNISA』の選択となります。


このように資金、選びたい金融商品、投資期間でどちらを選べば良いかは変わってきます。


余裕のない方についてですが、この場合は投資はおすすめしません。


これは、余裕のある方にも言えることですが、短期での投資ほどリスクが上がるため、もし資産が目減りした場合に老後生活に支障をきたすためです。


余裕のある方は、投資分を失ったとしても老後生活は可能だと思いますので、余剰分のでの投資は積極的に検討して良いと思います♪

資産を使用するまで『5年以上ある方』

ポイント

  • リスクを下げて期間の優位性をしっかり使う場合は『つみたてNISA』、リスクをとってでも増やしたい場合は『NISA』

資産を使用するまで『5年以上ある方』は、中長期の投資が可能になってくるので、投資可能な期間に合わせてNISA、つみたてNISAを選択するのが良いかと思います。


資産をリスク少なく長期で運用する場合にはつみたてNISAで投資信託を購入するのが良いと思います。


リスクをとってでも増やしたいという方は、120万円まで投資可能なNISAで投資をすることも可能です。

まとめ

今回は50歳以上の方が投資を始めるのは遅いのか?という疑問について説明をしてきました。


60〜65歳から積み立てた資産を使用していくということを考えると投資期間が長いとは言えないためリスクが低くはないですが、リスクを下げる方法、商品を選択すれば投資も可能です。


この機会に自分の状況に合わせた資産運用を検討してみてはいかがでしょうか♪

【初心者向け】つみたてNISAのおすすめファンドはこれ!【投資は株価が暴落している今始めよう!】

前回の記事で、投資は株価が暴落している今、お得に始めましょう!というお話をさせていただきました。読んでいない方はぜひご覧ください♪ 今回は、投資信託で運用を始めようとしている方に、おすすめの投資信託を ...

続きを見る

Copyright© ikefam blog , 2020 All Rights Reserved.